未定

未定

4/17 リステワンマンDay1

Re:ステージ!のユニットワンマンライブの1日目、オルタンシアとKiRaReの公演に行ってきた。

アサリの舞台を観にいったりしたのを除くとこういうライブイベントは本当に久しぶりで、『声出し禁止で本当に楽しめるんかな』みたいな不安もあった……けど……完全に杞憂だった。(それどころか席間隔空けてるので何しても全然人とぶつからなくて最高まであったかもしれない。)

やっぱりこのコンテンツ、曲に対してアプリやアニメのストーリーはたまたキャストや関わってる人達を取り巻く今の環境といった文脈を乗っけてくるのが上手いなと思うし、何よりそもそも楽曲が本当に良い。やっぱり最高の楽曲を聴きながら身体を動かしたり物思いにふけるのは最高だなと感じた。

収容人数の半分でその他色々な制約があったとは言っても、傍から見れば間違いなく『このご時世にありえない』なんて批判されてもおかしくなかったとは思うけど、もうある程度はっちゃけないとやってけないんだよなあ、メンタル的にも、経済的にも。あくまで定められたルール内でだけど。

 

 

開幕のRe:Rays、新生オルタンシアを象徴する曲としてこれ以上ないと思う。Yes,We Are All Rightってメッセージが頼もしい。もう開幕からこのイベントに無事に参加出来て本当によかったとビシビシ感じた。

そしてDearマイフレンド、3rdライブで以前のオルタンシアとして最後に披露した曲で、終わりだとか寂しい感じのイメージも強い楽曲だったから、こういう形で披露していい意味で新しくイメージが塗り替えられて良かったなと思う。でもこれはあくまで今振り返って冷静に考えたからそう思えてるだけで、2曲目からこれ流れたときは正直気が気じゃなかったし、完全にバカのセットリストだと思ってた。振り返りも大切だけどああいう現地での突発的な感情も楽しいので良い。理由は無くても楽しめるならオーライなので

Dream a gateは3rdでは披露されなかった中でも特に好きな曲だったのもあって、多分この公演中一番楽しかった気がする。ただ、これに限らずオルタンシア曲って全ユニでも特にアイドル曲してて、楽しいコールも多いから、声出し禁止レギュが恨めしいことこの上ない。

特にYes,We Are!!!は、わかっててもレスポンスしてぇ~~~ってなる楽曲だったし、絶対にまたリベンジしたい。どうでもいいんだけど、声に出してオーライと伝えられないならせめてライトを降ってステージの光のひとつになりたいなと思い、普段持ってかないペンライトを持参した次第でもある。

オルタンシア、キャスト変更に伴う重圧は当然めちゃくちゃあっただろうし、ファンとしても心配はしてしまうものだったんだけど、そんなことは微塵も感じさせないステージだった。『新生』なんて文脈が乗っかって来てしまっても、それで何かが変わりすぎてしまうなんてこともない、ある種安心を得られたようなそんな公演だった。

 

KiRaRe公演、開幕We Remember。こんな環境での関係者やファン含めた重めの感情全部乗っけたような曲なんだけど、この曲があったから、再びライブを通じて繋がれるんだと思う。この曲に限らないんだけど、ファンもステージを創ってる人たちも、結構近い距離で、しかもだいたい同じような方向を向いて臨んでるからこそ起きる『共犯』みたいなのがクセになってるのかもしれない。なんならリステに限った話でもないと思う。

ドンスマとか3rdで2回も披露されたし今から言うこともないよな~と思ったけど、なんだかんだ触れるきっかけになったアニメのOPってのもあって思い入れはバツグンだし、1曲目でちょっとしんみりした挨拶(?)になったのを全部塗り替えて、やっぱパワーある楽曲だなと思った。

ソロ・デュエット曲については、3rdでワンコーラスしか聴けなかったのがフルで披露されるってだけでもう今回の全公演での目玉くらいの気持ちだった。

KiRaRe公演だと前回全く出番なかったGLOWING!!がすっごい楽しみだったので、聴けて本当に感無量。『夢見ることが初めて楽しく思えた それは誰のせいかな?』『なぜだろう君といるとイメージできないようなすごいことが出来るような気がするよ』1Aメロのこのイチャイチャ歌詞で端から昇天。

アンコールでやってた挨拶、Startin’のドラマパートで聴いたような気がするとは思ったけど、かつて実際にやってたのは知らなかった。つまりラストの楽曲は流れ的に決まってたということ(まあそれしかないよな…)。

全体を通しても、KiRaReの会場を引っ張ってく力って本当に頼もしくて、とにかく曲に身を委ねていてずっと楽しいそんなライブだった。

ここから先の文は全部公演終わってから書いてるんだけど、他公演と比べてもちょっとどころじゃなく多い曲数を披露したKiRaRe公演、密度が半端じゃなかったな……と身に染みて思う。